DTM初心者は必見! 音楽制作をスムーズに行なえる環境作り
DTM初心者は必見! 音楽制作をスムーズに行なえる環境作り

快適にDTMで音楽制作ができる環境~HDDのデータ復旧に専門業者を活用~

快適なDTM環境を作るためには下準備が大切!

DTMで音楽を作るなら、後で後悔しないためにしっかり下準備をしましょう。ここではPCや周辺機器の選び方について説明します。

快適に作曲活動を行なうにも制作専用のPCを揃えましょう

PC

PCで作曲をするなら、無駄なアプリやデータを搭載していない制作専用のPCを準備したほうが良いです。多くのアプリやデータを搭載していると、それが原因でトラブルが発生するリスクが高くなりますし、動作的な問題が出る可能性もあります。ですから作曲活動を行なうなら制作専用のPC を揃えるようにしましょう。

DTMで使用するPCの選び方とは

制作専用のPCを購入する際に気になるのが、PCの選び方です。デスクトップとノートパソコンではそれぞれメリットが異なります。

デスクトップ
デスクトップのメリットは、同じ価格帯のノートPCよりも高性能ということです。そのため複雑な処理でもスピーディーに行なえます。また、HDDやSSDなどの増設も簡単というのもデスクトップのメリットです。DTMではサンプリング音源やプラグインを大量に使用するため、多くの容量が必要になります。増設が簡単なデスクトップなら、必要な時にすぐに容量を増やせるので便利です。
ノートパソコン
ノートパソコンの最大のメリットは、持ち運びができることです。デスクトップは、自宅でしか操作できませんが、ノートパソコンなら持ち運びができるのでスタジオに移動して自宅の作業の続きを行なうのも容易です。また、省スペースなので、広いデスクがない場合でも作業が可能です。

活動ペースによって適したPCも異なる

自宅の制作環境や予算などによってPC選びは左右されますが、自身の活動ペースによっても適したPCは変わってくるでしょう。現在持っているPCと違う種類のPCを購入すれば、用途や場所によって使い分けられるので、作業効率も高まります。

PC選びでDTMのプレイヤーがみんな気になっていること

DTMに関してMacとWindowsで優劣はありますか?
一昔前まではMacのほうが対応ソフトが豊富だったので、Macユーザーが多かったです。しかし今ではWindows対応のソフトも増えていますし、OS自体の性能の差もないと言えます。逆に周辺機器が充実している、適応性が高いWindowsユーザーが多くなっています。

PCの周辺環境にもこだわりましょう

DTMでの作業を効率良くするためには、周辺機器にこだわることが大事です。これらのアイテムを活用するのと、しないのとでは、効率の良さが大きく変わってきます。

作業環境を高めるアイテムの選び方

椅子
長時間椅子に座って、音楽制作をするのですから、椅子は妥協しないほうが良いです。周辺機器の中でも、特に重要なアイテムと言えます。DTM向けの椅子は色々ありますが、自分の姿勢に合わせて、高さや細かい調整ができる座り心地が良い椅子を選ぶと後悔しないでしょう。
マウス
マウスは、手に馴染む形状の物を選びましょう。マウス重さを自由に調節できる物もあるので、なかなか手に馴染むものが見つからない場合は、そのような調整できるマウスを選ぶというのも1つの方法です。
スピーカー
音楽制作をするなら、モニタースピーカーを購入するべきです。リスニング用のスピーカーは、音楽を気持ちよく聞けるようにサウンドが調整されています。そのようなスピーカーで作業をしてしまうと、再生状況による音質の変化が大きくなってしまいます。ですから解像度が高く、サウンドに味付けがされないモニタースピーカーをオススメします。

DTMでパソコンを使用するにあたっての注意点

DTMで音楽制作をする場合は、HDDの故障に気をつけましょう。HDDが故障してしまうと、自分で作成した楽曲を全て失う恐れがあります。

DTMはHDDに多くのアクセスを行なう

PCで音楽制作をする場合、音源を何度もリアルタイムで録音したり、再生したりするためHDDに大きな負担がかかります。一昔前のDTMでは、MIDIと呼ばれる小さな信号でデータのやり取りをするのがメインでした。現在では、PCが高性能になったことで、MIDIだけではなくマイクを使って録音することも可能になっています。この場合、オーディオデータという大きいサイズのデータを取り扱うことになるため、HDDにとっては大きな負担になっています。さらに自分が作曲した楽曲データが保存されていたりOSが保存されていたりしていて、アクセスが集中するため、HDDにかかる不可はとても大きいのです。

このような症状が見られたらイエローカード

  • OS起動の失敗
  • ブルースクリーンの多発
  • OSやソフトウェアの起動が遅い
  • ファイルのコピーができない、保存ができない
  • HDDのフォーマットを要求される
  • 全体的に動作が思い
  • ファイルのコピー時にエラーが多発する

トラブルにいつでも対応できるようにしておきましょう

このような症状が見られたら、パソコンのHDDが壊れる可能性が高いので注意しましょう。故障してから焦らないために、いつでも対応できるようにしておくことが大切です。

簡単な症状なら自分で復元が可能【復旧までの流れ】

HDDを取り出す

HDDを取り出し、USB変換アダプタケーブルを使用して別のパソコンに接続して、外付けHDDの状態にします。

表示を確認する

物理的に壊れていない場合は、外付けHDDが正常に接続されたことを、PC上で確認することができます。

フォルダからデータを復元

表示された外付けHDDのフォルダをクリックすると、いくつかのフォルダが見られるようになります。ここから、復旧したいデータが入っているフォルダを見つけて、正常に動作するPCのデータをコピーして復元完了です。

大切な作品のためにもバックアップをとっておきましょう

女性

上記の方法を知っていれば、突然HDDが故障した時でも、自分でデータを復元することができます。しかしHDDの故障内容によっては、自分でデータを復元するのが難しいこともあります。そのような場合は、データ復旧専門業者に依頼して、データを取り戻してもらいましょう。DTMをするなら、大切な楽曲を失わないためにも、常にデータのバックアップをとっておくことが大切です。

バックアップにおすすめなデータ復旧サービスはこちら

TOPボタン